都市基盤施設の再生工学研究センター

KEYWORD
  • インフラ構造物
  • 点検
  • 診断

インフラ構造物の
点検診断技術の高度化

高齢化した都市インフラ構造物を適切に維持管理するための、高精度で効率の高い点検、診断技術を開発しています。主な研究テーマとして道路構造物の点検・診断の情報支援システムの構築、画像・信号処理を応用した新しい非破壊検査技術、MEMSなどの新型センサーを利用したモニタリング・計測手法、新しい溶接接合技術を適用した補修補強法など、構造物の長寿命化のための先端的な研究と技術開発を行っています。

ARTC is developing inspection and diagnostic technology with high efficiency and high precision to achieve the appropriate maintenance for an aging city infrastructure. Our main research themes are the technical development for the longer life of the structure, such as 1) the construction of data-base to provide the information concerning the inspection and diagnosis of the damaged structure, 2) non-destructive inspection technology adopting an image and signal processing, 3) the development of the monitoring and measurement technique applying the latest MEMS sensor and so on, 4) the development of the repair and reinforcement technique adopting a new weld-bonding technology.

主な研究テーマ

  • 損傷データベース、点検診断支援システムの構築
  • 新しい非破壊検査技術の開発
    渦流探傷画像化装置、疲労き裂画像診断システム、コンクリート剥落検知、ひび割れ開口画像検知
  • 計測モニタリング技術の高度化
    MEMS加速度計を利用した車重推定法(WIM)、高精度WIM、橋梁変位測定手法(MEMSセンサ、レーザー、画像)、変位誘起損傷同定手法、無線センサーモニタリング、疲労き裂センサの開発
  • 補修補強技術
    スポット溶接、レーザーハイブリッド溶接による疲労損傷補修

研究スタッフ

小西 拓洋(教授)・横山 薫(講師)・関屋 英彦(講師)・古東 祐介(特別研究員)・横関 耕一(特別研究員)

その他の研究について

ページトップへ戻る