研究室について

高効率水素エンジン・エンジントライボロジー研究センター

KEYWORD
  • 熱機関
  • 燃料
  • 潤滑油
  • 潤滑/トライボロジー
  • エンジン冷却
  • 水素エンジン

次世代の超高効率・クリーン エンジンの研究

内燃機関の摩擦・冷却損失を大幅に低減する研究、ならびに CO2 排出が無い水素を内燃機関の燃料として用いる研究を通じて、地球温暖化防止やエネルギー資源枯渇軽減に貢献します。ピストン、軸受など内燃機関の主要部位における摩擦計測技術、薄膜による計測技術等を独自に開発し、多くの企業や大学と摩擦損失低減に向けた共同研究を行っています。また、新しい水素燃焼方式を開発し、高い熱効率と低エミッションを実現しています。

研究スタッフ

  • センター長 教授

     

    三原 雄司

    内燃機関工学、熱工学、トライボロジー

  • 教授

     

    三田 修三

    トライボロジー、内燃機関工学

  • 講師

     

    及川 昌訓

    内燃機関工学、水素エンジン、トライボロジー

  • 名誉教授

     

    高木 靖雄

    内燃機関工学、水素エンジン

  • 客員教授

     

    村上 元一

    内燃機関工学、トライボロジー

  • 准教授

     

    伊東 明美

    内燃機関工学、熱工学、トライボロジー

  • 特別研究員(PD)

    尾鷲 道康

    内燃機関工学、薄膜センサー

  • 特別研究員(PD)

    杉村 奈都子

    ナノシミュレーション

  • 特別研究員(AF)

    岩崎 秀之

    内燃機関、計測技術

  • 特別研究員(AF)

    松江 弘晴

    内燃機関、計測技術

  • 特別研究員(AF)

    山内 眞行

    内燃機関、計測技術

  • 特別研究員(AF)

    山本 光明

    内燃機関、計測技術

研究の目的

研究テーマ

ページトップへ戻る