インテリジェントロボティクスセンター

モバイルマニピュレータは
台座が自律移動しながら
家事を行えます

今日ではロボットのサービスや自動車の自動運転技術が急速に発展していますが、人の活動する環境で実用化するためには、さらなる性能向上と安全性の確立が必要です。本センターでは、人と共存できるインテリジェントなロボットシステムの構築を目指して、ロボティクス、AI、制御、生体信号計測、信号処理、画像処理、計算システムなどの幅広い分野を統合し、国内外の研究機関との連携も視野に入れた先端的なロボットの研究を進めています。

主な研究テーマ

  • 電動車椅子の安全な自動走行の実現
  • 画像認識技術を用いた視覚の実現
  • 機械とヒトとの良好な関係性実現のための生体計測と信号処理
  • 信号処理手法に基づく画像信号、生体信号等の強調・特徴抽出
  • 実環境での運用を見据えた自律分散型ドローン群の飛行制御
  • 制御理論、計測信号処理を核としたインテリジェントシステム
  • ホームロボット・ヒューマノイドによる運動・力協調作業の実現

その他の研究について

ページトップへ戻る