研究について

都市マネジメント研究ユニット

KEYWORD
  • マネジメント
  • コミュニティ
  • オープンスペース
  • プラットフォーム
  • ファイナンス

「UDXを活用した都市マネジメント手法の開発」

コミュニティ、都市レベルの2層において、UDX(アーバン・デジタル・トランスフォーメーション)による課題解決のためのマネジメント手法の開発をおこなう。コミュニティレベルとしては、UDXにより実現される新たな都市の公開空地の住民による自律的維持・管理実現のためのマネジメント手法の開発を目指す。具体的には、特別区自治体での未利用空地プロジェクトをフィールドとし、コミュニティマネジメントのUDXによる高度化(UDXならではの価値実現)を検討する。都市レベルとしては地方自治体を対象として、その「超スマート自治体化」実現のための、新たなファイナンス手法の開発を行う。そして、これらを踏まえてミクロ(コミュニティ)レベルから都市・都市圏レベルまで共通するデータ活用とファイナンスについて検討することで、より広範囲(他都市やより広域レベル)におけるUDXを活用した都市マネジメントのあり方について、その具体的手法の開発を目指す。

  • 住民の交流と多様で自発的な地域活動の場となるオープンスペースの創出研究
  • 都市の低未利用地のデータの取得活用による高度なコミュニティ活用(マネジメント)に向けた実証研究
  • 都市の低未利用地を住民が自律的に維持・管理していく組織・手法開発研究
  • スマート化のためのデータ基盤確立、運用のための新たなファイナンススキームに関する研究

研究スタッフ

  • 都市生活学部 准教授

    北見 幸一

    経営学、マーケティング、ブランド研究

  • 都市生活学部 教授

    沖浦 文彦

    都市開発プログラムマネジメント研究

  • 都市生活学部 准教授

    坂倉 杏介

    コミュニティマネジメント研究

  • 都市生活学部 講師

    橋本 倫明

    ダイナミック・ケイパビリティ研究

  • 総合研究所 未来都市研究機構 教授

    葉村 真樹

    アドバイザー

ページトップへ戻る