未来都市研究機構

KEYWORD
  • エイジングシティ
  • 先端技術と制度革新の統合

魅力ある
成熟都市形成に貢献する
エイジングシティ総合研究

未来都市研究機構の設置目的は東京圏を対象にエイジングシティ問題、すなわち、人だけでなく都市のハードとソフトの高齢化に起因する諸課題に関する全学的な学際研究事業「都市研究の都市大」の推進です。本事業は、このエイジングシティ問題を危機ではなく、持続可能で魅力的な成熟都市へ展開するための好機として捉え、そのための技術と制度を総合的に開発する一連の研究の実施により、都市の国際競争力の維持・発展のみならず居住者の生活の質の向上に寄与することを目指しています。個別の研究組織として当初は5つの研究ユニットからはじめ順次拡充していくことになっています。本事業では「都市研究」を都市の魅力向上に貢献する広範な研究として捉え、技術系と制度系の教員が学際的に共同して取り組むことによるシナジー効果が期待されます。

This institute aims to enhance university identity by “City research by Tokyo City University” that covers mainly ageing issues that are not only related to people in the community but also to institutions in the city and to social and economic infrastructures. Our immediate case studies start with the Tokyo Metropolitan Area in which TCU is located. However, the scope of this initiative is not only for domestic cities of Japan but also for overseas cities. This project regards our facing situation of ageing society in Japan as an opportunity to transform cities to mature and attractive ones rather than a crisis. This project also aims to contribute not only to maintenance and development of international competitiveness but also to improvement of quality of life of residents. At first, the institute is set up with five research units, it is planned to increase the number gradually. In addition, the institute is organized by faculty members in the fields of both engineering and social sciences in order to promote synergy effects by the collaboration.

主な研究テーマ

  • エイジングインフラマネジメント
  • グリーンインフラマネジメント
  • シニアライフマーケッティング
  • デイリーライフサポート
  • ヘルスケアサポート

研究スタッフ

川口 和英(機構長/教授)・飯島 健太郎(教授)・勝又 英明(教授)・柴田 随道(教授)・早坂 信哉(教授)・
丸山 収(教授)・和多田 雅哉(教授)・今井 龍一(准教授)・岡田 啓(准教授)・北見 幸一(准教授)・久保 哲也(准教授)・
西山 敏樹(准教授)・横田 樹広(准教授)・林 和眞(講師)・末繁 雄一(講師)・関屋 英彦(講師)・橋本 倫明(講師)

その他の研究について

ページトップへ戻る