研究室について

Research Administration Center(RAC)

平成 16年に全学的研究施設として特色ある研究推進のために設立した 総合研究所は、平成27 年より学内重点研究の拠点と位置付け、研究センターの増設、研究機構の新設、さらに基礎研究の充実、応用技術の社会実装の橋渡しを支援する研究推進アドミニストレーションセンター(RAC)を設置し、広範な活動を推進する都市大ERC※の役割を目指す。

スタッフ

センター長:丸泉 琢也 副学長

  • 産学官連携コーディネータ

    齋藤 公彦

  • 研究推進アドバイザ

    鈴木 章文

  • URA(Univ. Res. Admin.)

    板東 嘉彦

研究推進アドミニストレーションセンターRAC(2018年4月設置)

<主要業務>
  • 1.プレ/ポスト・アワード業務
  • 2.研究戦略推進支援

目的

研究所における研究・運営に関する事項について、必要な研究支援業務を行い、本学の学術研究の高度化と研究成果の社会実装を推進する。

業務

  • 研究戦略に関すること。
  • 外部資金獲得の支援に関すること。
  • 産学官連携活動の支援に関すること。
  • 科学技術政策に係る動向調査・分析に関すること。
  • 研究所各機構、各センター等支援に関すること。
  • 研究会(セミナー・シンポジウム・講演会)等の開催に関すること。
  • RAC の活動に係る広報、情報発信に関すること等

ページトップへ戻る