研究について

VR×社会的交流の場の創生研究ユニット

KEYWORD

  • Human-Computer Interaction (HCI)
  • Computer Supported Cooperative Work (CSCW)
  • Computer-Mediated Communication (CMC)
  • Virtual Reality (VR)
  • Avatar Representation
  • Non-Verbal Communication
  • Mixed Methods Research, Mixed Analysis Method, Qualitative and Quantitative Approaches
  • Interaction Analysis(相互行為分析)
  • Physiological Measures

コミュニケーションインフラとしてのバーチャル環境の基礎的要件の包括的解明

バーチャル環境におけるアバターの非言語コミュニケーション(Non-verbal Communication: NVC)の表現方法に焦点を合わせ、学際的体制での混合研究法を用いたアプローチによって、コミュニケーションインフラとしてのVR空間の基礎的要件を包括的に検討しその効果検証を行う。

研究スタッフ

  • ユニット長
    本学・メディア情報学部・教授

    市野 順子

    HCI(Human-ComputerInteraction)

  • 本学・メディア情報学部・教授

    宮地 英生

    3次元可視化

  • 本学・メディア情報学部・教授

    岡部 大介

    認知科学

  • TIS㈱・戦略技術センター・
    上級主任

    井出 将弘

    VRシステムの設計・開発

  • 岡山理科大学・経営学部・
    准教授

    横山 ひとみ

    社会心理学

  • 工学院大学・情報学部・
    准教授

    淺野 裕俊

    生体情報工学

ページトップへ戻る